本文へスキップ

CATセンター(シーエーティーセンター)は、肌質診断および肌質改善の研究所です。 お客さまの実体験データや肌質研究による実績をもとに、肌質改善の方法をご提案させていただきます。

〒770-0923 徳島市大道4丁目20番地

お肌のトラブルtrouble

ニキビやシミ・そばかす、敏感肌など‥‥お肌のお悩みって、いろいろありますよね。
ここでは、お肌のトラブルの種類の説明とCATセンターの改善例をご紹介します。

CATセンターのアドバイスで正しいスキンケアを続けた結果、
しみやソバカスにお悩みのあったお客様の肌がこんなに改善しました。

メラニン色素の生成と排泄のバランスつまりメラニン代謝のサイクルが崩れると、メラニン色素が過剰に表皮内に蓄積されてしまう。こうしてできるのが、シミやソバカスなどで、これらを包括して色素沈着と呼んでいます。

ホルモン異常が原因していることが多く、紫外線で悪化する。
月経や妊娠に深く関与している女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が上昇すること、及び、卵胞ホルモンとのバランスが崩れると、一時的にメラニン色素の生成が高まる。このようにホルモンバランスが崩れることが大きな要因となります。

炎症によりできるシミ
紫外線や加齢、ホルモンバランスの乱れ以外にも色素沈着は起こります。化粧品、家庭用品、植物等によって皮膚炎をおこした結果、その部位に色素沈着をきたしてしまいます。また、機械的な刺激が比較的長い期間にわたり皮膚に加えられると起こすこともある。合成繊維の下着やナイロン製のタオルなどで、強くこすり過ぎて、色素沈着の原因となる摩擦黒皮症もあります。

ソバカス(雀卵斑)
ソバカスは遺伝的な素因で発生してくるもので、いわば生まれつきにあるもので、後天的にできるシミとはまったく異なるものですが、紫外線の影響で色が濃くなったりします。


1:紫外線対策を万全にすること
メラニン色素生成の促進因子となる紫外線をなるべく避けることです。3月〜10月の日中は日常的に紫外線防止効果のある化粧品を使用しましょう。

2:皮膚の新陳代謝を高める
メラニン色素は、皮膚では表皮最下層の基底層のメラニン形成細胞であるメラノサイトで生成されます。シミやソバカスを予防するためには、、皮膚表面の角質層のお手入れだけでなく、基底層に栄養を与え、皮膚の新陳代謝を高めることで、表皮内にあるメラニン色素の排泄を促進できるイオン導入法が効果的です。

3:シミに効果的な食品を摂取
食品ではビタミンCを摂取することが効果的です。イチゴやレモンなどの果物の他にトマトやキュウリ、大根、キャベツ、ジャガイモなどの野菜や緑茶があります。逆に阻害する要因としてニコチンやカフェインがあります。毎日摂取できない場合は、サプリメントで補いましょう。


shop info店舗情報

株式会社クリーンアートプラス(本部)・CATセンター徳島研究所

〒770-0923
徳島市大道4丁目20番地